健康食: 2011年2月アーカイブ

ニンニクをナスのを醤油で煮た上にパラパラと掛けるのです。

中国の中華料理店で食べたのを、思い出して妻がつくりました。

ナスが主体なので、カロリーは低くダイエット料理です。 うす口醤油でサッと煮た

ナスは熱くて水分がいっぱいあります。 そこにニンニクの微塵切りを掛けるのです

このニンニクのピり辛いのが味の決めてです。 私はニンンクだけ拾い集めて食べて

います。

家で煮た「黒豆」を食べました 何度も手を加えて味をもち直しました。 でも おばあちゃんの作った煮豆の味にはかないません。
黒豆にはレシチンとサポニンが入っていて、レシチンには悪玉コレステロールを減らし動脈硬化を予防する効果があると言います。
またサポニンには癌や肥満を防ぐ効果があるとされています。 
とにかく「黒豆」は身体にいいのです。  昔は古臭くていやだったけど、良く自分で作って見てみると真っ黒で艶々してなかなかの{美貌}です。
昔ながらの食品が見直されてきています。
なんでも油やバターを使った炒め物ではコレステロールが溜まる一方です。 
素朴な煮豆 これが癌まで予防するかどうか分りませんが、豆は栄養の宝庫と言います。

このアーカイブについて

このページには、2011年2月以降に書かれたブログ記事のうち健康食カテゴリに属しているものが含まれています。

次のアーカイブは健康食: 2011年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。