2015年1月アーカイブ

私の家は追い炊き機能のあるお風呂です。
追い炊きの出来る穴にはフィルターがあり、そこはそれほど汚れていなかったので普段は掃除をしていませんでした。
しかし、久しぶりに見てみると、なにやらヘドロのような物が詰まっています。
慌ててフィルターを外し、フィルター掃除と穴の中を出来る範囲で掃除しました。
しかし、まだ穴の中にはヘドロがありそうです。
ジャバを購入してお風呂掃除をしてみようと思います。

知人がブランド物のバックがみたいと行ったので、デパート内の有名ブランド店へ一緒に入りました。
その店はドアの所にガードマンが待機しており、厳重な警戒体制を取られています。
店員さんはとても親切丁寧でさすがでした。
知人が気になった色は限定色らしく、シリーズごと夏になると色がガラッと変わるそうです。
その前に売り切れた場合は追加はしないんだとか。
一度出た色と同じ色はもう出ないそうです。購買意欲を高めさせる手法ですね。
もう二度と買えないと思ったら買ってしまう確率は高くなります。
色々と考えてあるのだなと感じました。

災害時の水を備蓄

user-pic
0

私は普段ペットボトルの水を飲んでいます。水道水だと体にあまりよくないと聞いたことがあるので、水道水を飲むときはいったん沸かしてから飲むようにしています。
しかし、ペットボトルは買いに行くのに手間がかかります。2リットルのペットボトルを一本ずつ購入することも可能ですが、段ボール箱に入った6本入りの方が安いのでそちらを購入しています。
ペットボトルが重いというのも買いに行くのが億劫になる理由でもあり、車で買いに行ったとしても積み下ろしなどで体力を使います。
災害時に備えて1人9リットルは飲料水を備蓄して置いた方がよいそうです。
もしものときのために準備して置こうと思います。

高速道路運転中に事故車両が停止していました。
その車は中央分離帯に突っ込んでおり、運転手は外に出て車から離れた場所で電話をしていました。
高速道路上での事故は一般道より速度が早いため危険を伴います。
さらに、事故の後に車に留まると追突されて危険な場合もありますが、車から降りて車から離れるとき車にひかれてしまったら元も子もありません。
十分に注意して行動しないといけません。高速道路では事故を起こさないように細心の注意を持って運転することが必要です。
しかし、万が一事故を起こした場合も動揺せずに判断する力が必要になるのだなと思いました。

このアーカイブについて

このページには、2015年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年12月です。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。